【メルマガ】「さかな家からのお知らせ」2019年11/14(木)第4182号

   本日のおすすめ
金目鯛煮つけ(千葉・3-4人前)
          3,500円
大粒アサリ酒蒸し   980円
カツオ造り       980円
特特大さんま塩焼(宮古)900円
天然ヒラマサ造り(長崎)780円
ヒラマサフライ    650円
天然ヒラマサカマ焼き 600円
川エビ唐揚げ     520円
自家製揚げたて厚揚げ 500円
【恵】自家製しおから 500円
矢祭の冬の音、というと何を思いうかべますか?
私は、ユーパル矢祭に近い交差点で響くガチャーンガチャーンという音です。
乾燥した蒟蒻芋を製粉するための音だと知ったのはつい数年前。

乾燥させたこんにゃく芋の荒粉をさらに細かく製粉する



蒟蒻芋を洗浄・スライス・乾燥させ、その後全国でももう数か所にしか残っていない、昔ながらの杵と臼でついて製粉するための機械で23時間。
夜通し突いてきめの細かい粉ができるんだそう。
蒟蒻芋が掘り上げられるのが秋の終わりからグッと冷え込む直前まで。
そのため、製粉工場が稼働するのは今時分から春の間だけなんです。
私にとっては、矢祭の冬の音です。皆さんの「冬の音」は何ですか?

さて、今日のおすすめは「金目鯛の煮つけ」。
大きな金目鯛を煮ました。仕込みの段階で日本酒とみりんで下煮をしています。
ご注文を頂いてから醤油を加えて一気に仕上げます。
下煮の段階でアルコール臭(飛ぶまでの我慢・笑)と、既においしそうな出汁の香りがしています。
身はふんわり柔らか、周りに絡む煮汁と一緒に召し上がると甘みも広がりますよ。
一皿に金目鯛一尾分盛り付けるので、シェアして食べてくださいね。
おいしいですよ。
☆月とカヌー「はからめ月のカレンダー」販売中です。
 常時おいているのはA4版で1,710円(税別)です。
 B4サイズはお取り寄せとなりますがご相談ください。
 

(まちの駅やまつりホームページにリンクしています)
 クレジット決済はしばらく先になるそうです。現在は銀行振込又は郵便振替にて納税できます。