月とカヌー「はからめ 月のカレンダー平成30年版」入荷しました。


2018年版…平成30年版の月とカヌーの「はからめ 月のカレンダー」が入荷しました。
本当は少し前に入荷していたのですが、「ああ、今年もこの時期がやってきたか」とホッとするようなソワソワするような気分になって満足してしまい、
ご紹介が遅れてしまいました(反省)
月の満ち欠けをはじめ、それを基に先人達が読み解いていった太陰暦(旧暦)、その太陰暦と密接な関係がある潮汐、季節を感じる事ができる二十四節気、雑節、七十二候、そして月ごとの歳時記などを記載しています。
また、土用、大犯土、小犯土の「土をいじってはいけない日」や一粒万倍日や使える人には使える九星や六十干支も記載。
そして今年はさらに情報を増し、日々の月がどの星座に位置しているかを感覚でつかめるようにしました。(月とカヌーはからめ月のカレンダー紹介ページより)
パッと見ただけだときれいなイラストが描かれる素敵なカレンダーだな、という感じです。
もちろんそれで十分なのですが、実はもろもろ情報量満載。
「読む暦」としてもお使いいただけますよ。
「…とはいえ、暦のことよく知らないし…」という方も多いでしょう。
こちら、カレンダーに描かれている情報(潮の満ち引きや月の満ち欠け、ウナギやお米の粒の意味、よく見ると色づいているラインのことなど)の詳細はすべてカレンダーの裏側にぎっしり紹介されています。
かなり読み応えがありますが、実用的に使いたい方にもかなりおすすめのカレンダーです。

ご来店可能な方はお取り置き、また、通信販売も可能。
もちろん、「ふくしま手ぬぐい」と同梱も可能ですよ。
(送料等につきましては、商品発送可能となってからご案内致します)

メールにて、お名前、ご住所、電話番号、ご希望部数をお知らせくださいね。
尚、当店でお取り扱いするのは
A4版 1850円(税込)のみですのでご注意ください。
(B4版ご希望の方、お取り寄せも可能ですのでご相談ください)
メールはこちらから。

月とカヌーのお二人に伺った、「はからめ月のカレンダー」にまつわる、素敵な偶然を一つご紹介しましょう。
こちらは、現在使用中の「はからめ月のカレンダー2017」10月のイラストです。
熊本県南阿蘇村の地獄温泉清風荘の「すずめの湯」がモチーフになっています。
こちらは昨年4月に発生した熊本地震で甚大な被害をうけました。
施設の被災はもちろん、周辺道路も土砂で埋まり通行ができなくなったこともあって、復旧のめどが立たないままだったそうです。
そんな思いもあって、月とカヌーのお二人はこちらをモチーフにイラストを描いたのでしょうが、10月に採用したのは全くの偶然だったそう。
ところが9月末から道路の復旧工事が始まり、地獄温泉よみがえりプロジェクトが10月から本格始動。
ボランティア団体OPEN JAPANのバックアップにより、少しずつ前に歩み始めました。
第一歩を踏み出した今月の絵が、まさにお客様を迎え入れていたころのすずめの湯である、この偶然。
なんとも不思議な気分です。

来年のカレンダーにそんな偶然があるかはまだわかりません(し、できれば地震や自然災害はないほうがいい)が、一つ一つのイラストに思いが込められていることを知っていただければ幸いです。

「浜日和」 各1パック 170円(税別) (炒子・鰹節・昆布の3種類)

香りよし味よし、おまけにお手軽というびっくりの商品です。

香りよし味よし、おまけにお手軽というびっくりの商品です。


今日は市場で面白いものを仕入れました。
皆さん、普段おうちで「出汁(だし)」とってますか?
だしパックや、顆粒だし、そもそも出汁をとらない、という方などいろいろでしょう。
今回ご紹介は、とっても手軽でしかも本格的な出汁が取れる天然だし「浜日和」です。
だし専門卸「 だし司 浜喜(だしどころ はまき)天然出汁のお店」さんの社長が厳選した、だし素材を独自のブレンドで1回分ずつパックされています。
1パックに1リットルのお水。
これだけでびっくりするくらい簡単に本格的な出汁が取れます。
使い方は簡単。
朝に使いたい場合は、前日寝る前に水の中に1パック分のだし素材を投入。朝起きたら、すっきりおいしい出汁が完成しています。
お急ぎの場合は、お鍋にだし素材を入れ、90℃くらいのお湯(沸騰して火を止めて一呼吸置いたもの)を800mlそそぎ、そのまま5分放置。
たったこれだけで、プロの味が楽しめます。
ポイントはたった一つ。「グラグラ煮立たせない」。
試しに自宅で使ってみました。使ったのは「炒子(いりこ)」です。
一晩水につけたものを沸騰直前までゆっくり温めてお味噌汁を作ってみました。
昆布から出る甘みと旨み、炒り子のおいしさが深みを加えてくれます。
びっくりしたのは、いりこがとっても香ばしく変な臭みが一切ないこと。
今日市場に行った際に伺ったところ、炒子だしにも2種類の昆布が使われているそうです。
さらにこちらのすごいのは、出し殻も全部食べられるということ。
私も、実は最初にだしをとった時にはだしパック(紙パック)に入れていたのですが、おいしそうな良い香りがしたのでもったいなくて紙パックから出しておみそ汁の具として食べました。
贅沢なお味噌汁になりましたよ。
だしをとるだけでなく、煮物や茶わん蒸し、炊き込みご飯などに使い方は様々。
汁物や炊き込みご飯へは、直接入れてしまってもおいしく召し上がっていただけますよ。
こちら丸安の店頭にて現在販売中です。
皆さんぜひお試しくださいね。

月とカヌー「はからめ 月のカレンダー2017」販売中。完売いたしました

20161015_095502_hdr

今年も月とカヌー「はからめ 月のカレンダー」が入荷しました。
月の満ち欠けをはじめ、それを基に先人達が読み解いていった太陰暦(旧暦)、その太陰暦と密接な関係がある潮汐、季節を感じる事ができる二十四節気、雑節、七十二候、そして月ごとの歳時記などを記載しています。
また、土用、大犯土、小犯土の「土をいじってはいけない日」や一粒万倍日や使える人には使える九星や六十干支も記載。
そして今年はさらに情報を増し、日々の月がどの星座に位置しているかを感覚でつかめるようにしました。(月とカヌーはからめ月のカレンダー紹介ページより)
暦を実用的に使いたいという方だけでなく、ふとした時に「今日はどんな日かな」と眺めてみるもよし、です。

来年の干支は酉かぁ…とこのイラストを見て初めて気づいた…1月はいつもおめでたい雰囲気ですが、今年もやっぱり素敵です。

来年の干支は酉かぁ…とこのイラストを見て初めて気づいた…1月はいつもおめでたい雰囲気ですが、今年もやっぱり素敵です。

ご来店可能な方はお取り置き、また、通信販売も可能。
もちろん、「ふくしま手ぬぐい」と同梱も可能ですよ。
(送料等につきましては、商品発送可能となってからご案内致します)

メールにて、お名前、ご住所、電話番号、ご希望部数をお知らせくださいね。
尚、当店でお取り扱いするのは
A4版 1850円(税込)のみですのでご注意ください。
メールはこちらから。
20161015_095521_hdr個人的には、月末のひとスペースに連載(?)されている、「今月の絵」。
今年は、かつてインディアンたちが(お話を聞いたのにうろ覚え)バーチという木を使ってナイフ1本で作ったというカヌー。その様子が月ごとに描かれています。
ついこの前までセルフビルドのおうちを作っていた月とカヌーのお二人。
イラストにもその経験がにじみ出ているような気がします。こちらもお楽しみに。

「ふくしま手ぬぐい」送料・寄付先の変更について

6回目の夏。おかげさまで、今でも手ぬぐいをお買い求めいただいております。
息の長い取り組みとなりました。


ふくしま手ぬぐい「初代」「一歩」 と 「春の」
さて、タイトルの通り、2015年8月5日より手ぬぐいの送料の一部と寄付先を変更させていただきますのでご案内いたします。
3枚まで ・・・普通郵便(205円) スマートレターにて(180円)
8枚まで ・・・レターパックライト(360円)
10枚まで ・・・レターパックプラス(510円)
11枚以上の方は、メールにて送料をご案内します。

また、寄付先についても変更がございます。
これまで、手ぬぐい一つ一つ各2か所に寄付先(合計4か所)を設定し、送金してきました。
震災から5年、寄付の募集を終了したり、活動そのものが終了した団体などがあります。
また、その後の各地の災害などもあり、「福島」だけに特化したチャリティーも見直す時期に来たのではないかと考え始めました。
以前に比べて年間を通しての売り上げ枚数は少なくなっていることもあり、少額での寄付(送金)となっているという現状もあります。
とはいえ、この「ふくしま手ぬぐい」は友人とのチャリティーで始まったので、今後もその姿勢は変えたくはありません。
そこで、今後はすべての手ぬぐいについて、寄付金として1枚につき下記の3か所へ100円ずつ送らせていただきます。
日本赤十字社(活動資金として)
あしなが育英会
福島県東日本大震災子ども支援基金給付金

どうぞよろしくお願いいたします。

下のバナーより注文フォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。
手ぬぐいバナー0

 

 

**商品について**
☆ 大きさ 長さ90cm × 巾33cm
(染物の性質上、大きさは多少前後します)
☆ 素材 綿100%
(手ぬぐいに使用される「文」と言う素材を使用。
目が粗く、若干厚めで素朴な風合いです)
☆ 染め方 注染
(職人の手により丁寧に染められています)
※にじみ・色の濃淡が出ている場合がありますが、
これはこの染め方に出やすい特徴です。

「ふくしま手ぬぐい」の料金変更と在庫状況について


おかげさまで当店オリジナルの「ふくしま手ぬぐい」は様々なご縁のおかげで、今でも販売を続けております。
発売当初から比べると、ゆっくりしたペースの売れ行きですが、それでも「以前買ったのが使いすぎてすり切れてしまったので」「友人が持っていたのを見て」なんていうお客様からのご注文(とそれに添えられたエピソード)に、続けてこられてよかったなあとしみじみ感じています。
これまでお買い上げくださった皆様、本当にありがとうございます。
きっかけは震災。「何か自分ができることはないか」と言うことで偶然始まった手ぬぐいづくり。
今後もゆったりと「作りたいものを作り、売る」と言う姿勢で製造販売していく所存です。
さて、「春の」は原料の綿の価格高騰のため発売当初より他の2本より価格を100円高く設定しておりましたが、「初代」「一歩」につきましてもこれまで同様の価格で販売することが難しくなりました。
そこで、大変申し訳ございませんが2016年1月1日より
「初代」「一歩」 1,000円(税抜)→1,100円(税抜)にと価格変更をいたしますのでよろしくお願いいたします。
また、「一歩」「春の」については現在の在庫分が無くなり次第販売終了とさせていただきますので、併せてご了承くださいませ。
今後製作する手ぬぐいについても、限定販売となるとおもいます。
「初代」については、このプロジェクト(と言うような壮大なものではないのですが)が始まるきっかけとなるものでしたので、当店の手ぬぐいの定番商品として今後もご用意する予定でおります。
今年の夏完売した「初代」は、染物屋さんにその後追加注文しようやく先日到着いたしました。年明けから販売できるよう準備する予定です。

ちなみに、ただ今(2015年12月28日現在)在庫状況は
初代 → 十分余裕があります(50枚以上)
一歩 → 十分余裕があります(50枚以上)
春の → 残り少なくなってきました(30枚以下)
と言う感じです。