お雛飾り。

店内にお雛飾りをいくつか飾っています。
今年は町内の産直「太郎の四季」で買った桃の花と一緒に。
・・・日中は暖房を入れず寒いせいか、桃の節句の時にはほとんどつぼみ。
しかも、3月3日は定休日(苦笑)

「せっかくだからせめて桃の花が咲くまで」「じゃあ旧暦で3月3日までにしちゃう?」「飛騨では4月3日がひな祭りだし」なんて、自分の中でいろいろ言い訳をしながら今でも飾っています。

1階に飾ってあるのはご来店の際に見ていただけるだろうということで、今回は2階に飾っているお雛飾りをご紹介。

階段を上がってすぐのところに飾っています。


桃の花と一緒に
2階に飾っているのは、両方とも立ち雛様。
有田焼の(写真奥)は開店してから初めての節句の頃にお客様から戴いたものです。
手前のお雛様も焼き物。私は「土雛様」と言っているけど、本当の呼び方は不明。

いけばなのセンスがないのが丸わかりでまさに「切って突っ込んだだけ」の桃の花ですが、つぼみが膨らみ花が咲いてくると、それだけでなんとも華やいだ雰囲気になります。
・・・はい、いいわけです(笑)
 

今回お雛飾りと一緒に、友達が作った作品も飾ってみました。
北海道のよっちゃんが、書も折り紙も全部作ったはがきの作品です。
文章も選んだ文字も素敵だし、よっちゃんの人柄があふれる優しい作風が好きで時々飾っています。