矢祭小学校2年生生活科「町探検」がやってきた。

「矢祭小学校2年生です。今日はお店のことを聞きたくてきました」元気なあいさつです。

矢祭小学校2年生の皆さんが、生活科「町探検」で丸安魚店にやってきました。
去年に引き続き2度目です。
去年は丸安の店主である、さかな家店主の両親が応対させていただいたのですが、今日は所用で不在だったため急きょさかな家店主が「店主代理」として皆さんをお迎えしました。
「矢祭小学校2年生です。今日はお店のことを聞きに来ました!よろしくお願いします!」
元気の良いあいさつです。

地元商店とはいえ、おうちの人の多くは町内のスーパーでお買い物をされていることが多く、こうした個人商店に足を踏み入れた経験のある子は少なかった様子。
すぐにきょろきょろとあちこちを見始めました。
「魚屋さんなのにお菓子売ってる!」
「アイスクリームの冷蔵庫が空っぽ!(以前販売していたのですが、現在は販売を終了しています)」
そして、お店の一番奥にある魚のショーケースを見つけると
「さかなだ!」と驚きの声。(魚屋ですから・笑)


「カレイとひらめに違いわかる?」
子供の目線に下がって話しかける店主。

せっかくなので、カツオを持ち上げてみたり、イワシやヒラメを触ったりしてもらいました。
「このカツオ、3kgあるからね。
みんなが生まれた時と大体同じくらいかな」というと
「えー!?重いなーっ!」
「なんかぬるぬるしてる~」
「これ、なんて魚ですか?」
反応の良い子供たち。
何より、大きな魚も怖がったりすることなく目をキラキラさせて見てくれていたのがとても印象的でした。
「僕、鮭を焼いてお醤油少し垂らして食べるのが好き~」
「うちはお寿司屋さんでまぐろとかサーモンとかタコ食べるよ」
いろいろ知っている魚のことを教えてくれます。

子どもの口から飛び出す魚は、マグロ・サーモン・鮭・タコ・イカ。
回転ずしなどで人気ですね。
魚の種類当てクイズで、イワシのことを「アジ」「サンマ」「アユ」と言っていた子もいました。
正解・不正解ということよりも、そうした魚の種類を知っていてくれる子がいたことがうれしかったです。

今日はちょうど、マコカレイとひらめが入っていたので、店主が「カレイとひらめの見分け方」の説明をしました。

「大きさ?」「ヒレの形?」「しっぽの形もなんか違うよ」
あれこれいろんなことに気づいて、どんどん口にしてくれる子どもたち。
反応の良さに店主、ノリノリでした(笑)
「目の位置が違うんだよ。右と左に寄ってるでしょう?
左に寄ってるのかひらめ、右がカレイだよ」
「へぇ、初めて知った!」
と最初に言ったのは、付き添いのお母さん。ナイス反応です!
その後、子どもたちからの質問タイム。
何人で働いているの?
この魚はどこからくるの?
一日何人くらいお客さんが来るの?
店主もうれしそうに答えて、探検は終了。

「はぁ…今日の給食に魚が出ると良いなぁ」
「僕、カレイが食べてみたくなってきた」
「やっぱり僕はタコが好き…」
「うちのお母さんね、カレイ釣ったことあるんだよ」
矢祭の子どもたちがもっと魚好きになってくれるよう、魚屋としていっそう良い魚を仕入れようと思ったのでした。
ちなみに、矢祭町は海からそんなに近くないにも関わらず、質の良い魚を売っている鮮魚店さんが数件あります。

「お魚食べて 明日への健康!」
おいしいお魚を食べたいときは、是非町内各鮮魚店にてお求めくださいね。

初夏の「南郷」にて。

「南郷さん」こと矢澤酒造店さんの懇親会にお招きを受け、出かけてきました。
BBQということで気楽に出かけたところ、いやいやなんのなんの。
こだわりの炭火BBQは、道具の準備や材料の仕入れ、焼く順番、食べ方に至るまで矢澤社長プロデュースです。
意外にも(と言ったら失礼か・笑)矢澤さんはアウトドアがお好きだそうで、テーブルやBBQグッズ、保冷庫などもすべて私物なのだそう。
私たちも、お手伝いさせていただきながらご相伴にあずかりました。
(何枚か写真を撮りました。スライドショーでご覧ください)

スライドショーには JavaScript が必要です。


和気あいあいとあちこちで笑い声が上がる中、焼きソラマメ、サザエ、ハマグリ、帆立、ラムチョップ…
帆立は殻に広がる美味しい出汁を使って、貝殻リゾットに。
BBQ奉行は矢澤さんなのですが、お酒を注いだり皿を差し出したり、みんなに配ったり、ふとした瞬間に蔵人の皆さんの結束力と仲の良さが感じられます。
家族のような、というのとはまたちょっと違う、でも単なる仕事仲間というだけではない感じ。
信頼感とそれぞれを思う優しさが感じられて、そんな中に自分もお邪魔させていただけたことが本当にうれしく感じました。

そして、この夏登場の新銘柄「銀箭(ぎんせん)」を特別に試飲。
ほんのわずかな炭酸が舌先を刺激し、飲むとすっきりした味わい。
当店のようなお店でお料理と一緒に楽しむにも合うと思いますが、夏の、今日のような屋外BBQでキンキンに冷やした(またはロックで飲む)銀箭はなかなか新鮮な組み合わせで楽しいだろうなと思います。
…「ん?これ、うちで『夏の南郷を楽しむ会』できるかな?」なんて思った次第。
新銘柄ではありますが、矢澤酒造店が踏襲している「料理に合う、旨みとキレの良さ」という本流から外れていません。
これ、本当におすすめ。今年は特に数に限りがあるそうですから、チャンスがあった時にはぜひお試しくださいね。

蔵の皆さん、お世話になりました。素敵なひと時を過ごせました!

< おまけ>
冬大活躍だった大釜。今はゆっくり眠っているようでした。

★告知★第9回 矢祭もったいない図書館手作り絵本コンクール


矢祭もったいない図書館の司書のMさんが、ポスターを届けてくださいました。
第9回を数える手作り絵本コンクールの案内です。
毎年多くの作品の応募があり、そのすべての作品が図書館などで展示されます。
募集部門は2つ。
高校生以上が対象の「一般の部」と中学生以下の幼児・児童・生徒が家族と一緒に製作したものが対象の「家族の部」です。
夏休みの一作品として、学校やクラスぐるみで参加してくださるところもありました。
親子の作品作りは、きっと楽しいでしょうね。
その後、「子ども読書の街」推進委員会による第1次審査、ノンフィクション作家の柳田邦夫先生、絵本作家のあべひろし先生による第2次審査が行われます。
実は私(おかみ)も第1次審査会に参加したことがあるのですが、力作ぞろいのためついつい読みふけってしまい時間を忘れてしまうほどでした。
今回より「特別賞」が設定されたそうです。
こちらは、「矢祭町」に関する内容や、矢祭町の特産品にまつわるものなどを描いた作品が対象になるそう(部門は問いません)。

皆さん、奮ってご参加ください。
なお、コンクールの詳細、作品応募、問い合わせにつきましては
矢祭もったいない図書館まで。

★告知★ 野生らん楽酔会「ウチョウラン展示会」

夏の訪れを感じるウチョウラン展示会が開催されます。
当店のご常連である、「野生らん楽酔会」の皆さんが丹精込めたウチョウランたち。
「趣味の世界だから」とはおっしゃいますが、いやいや何の。
こちらのウチョウラン展示会は、蘭の花が立派なことはもちろん、見せ方(いやもはや魅せ方)にものすごく工夫をされています。
素晴らしいウチョウラン展、ぜひ足をお運びくださいね。

当店では、コジコジ君が頭にウチョウランを乗っけてお待ちしております。

期日 平成29年 7月 1日・2日
時間 7/1 9:00~16:00
   7/2 9:00~15:00
場所 矢祭町山村開発センター

当店が足を運んだ際の記録はこちら

2012/07/02 ウチョウラン展に行ってきた。sakanaya-maruyasu.com/blog/hitorigoto/4379/

2016/07/03 【メルマガ】「さかな家からのお知らせ」 2016年 7/ 3(日)第3359号sakanaya-maruyasu.com/blog/mailmagagine/osusume/10159/

「南郷さん」ホームページリニューアル。


久々に南郷さんこと矢澤酒造店さんのホームページをチェックしてみたら、新しくなってました。
かなりクールです。
新たなとりくみ、お酒の提案に期待がもてそう。
以前のホームページもあたたかみがあって好きでしたが、新体制の意気込みと少数精鋭の小さな蔵から世界へ発信するという思いが感じられます。
お酒を飲まない、という方も是非ご覧ください。
www.yazawashuzo.co.jp/
(冒頭の画像は、ホームページからお借りしました。)